一般歯科

虫歯治療

虫歯とは

そもそも虫歯とは何でしょうか?
虫歯とは、ミュータンスと呼ばれる細菌が産生する酸によって歯が溶かされ、穴が開いてしまった歯のことです。
感染症とされており、初期の段階では自覚症状が少ないのが特徴です。


虫歯の原因

虫歯の原因は前述の通り、細菌です。
そして虫歯を悪化させる最大の要因は「虫歯の治療を行わず放置すること」です。
虫歯の代表的な原因菌は「ストレプトコッカス・ミュータンス」で、通称Sミュータンスとかミュータンス菌と呼ばれています。
この菌が、歯の表面に付着、増殖し糖分を分解して酸を形成、歯に穴を開けます。


虫歯の治療

虫歯の治療の基本は「取り除く」ことです。穴が開いてしまった状態になると、最早自然治癒はしません。
穴が極めて小さい状態ではもう一度石灰化(再石灰化)して元の健康な状態に回復することもありますが、基本的には細菌に犯されてしまった病的な歯や歯質は取り残しの無いようにしっかり除去する必要があります。
乕田弥和歯科(トラダミワシカ)では、除去が行った上で、その後の治療として

・つめる
コンポジットレジンと呼ばれる充填材を使用して処置します。
・はめ込む
つめる作業では追いつかないほどの欠損の場合、人工物で補います。
素材は金属、レジン、セラミックなどです。
・被せる
広範囲に及んでいたり、重度の虫歯になるとこの方法を使用します。
材質は同じく金属、レジン、セラミックなどを用います。

などを施術いたします。

blank

歯周病

歯周病とは

歯周病とは、「歯垢に含まれる歯周病菌に感染することにより、歯茎が腫れたり出血をしたり、歯槽骨や歯粘膜が溶け出したりする」病気です。 具体的には細菌が歯の表面や歯肉溝に定着して歯石を形成し、そこから有害物質を発生させ炎症を引き起こします。
歯槽骨や歯粘膜が溶け出すところまでくると、最悪歯が抜け落ちてしまうこともあります。
歯周病初期の段階では、自覚症状が少ないため気付きにくいのですが、日本人成人の約80%が歯周病だと言われています。
症状が悪化さすると完治が難しいのですが、定期健診の習慣がないため、発見が遅れることが多いのもこの病気の特徴です。


歯周病治療

歯周病治療のためには「歯のお掃除」が不可欠です。
先述の通り、歯周病の最大の要因は「歯石」です。
歯石をなるべく作らせないよう普段から清潔にすること、出来てしまった歯石は歯科医師や歯科衛生士に除去をしてもらうことが肝心です。
一度出来てしまった歯石は歯科医師若しくは歯科衛生士にしか除去は出来ません。
歯の裏側の歯石などは特に自分では確認しにくいので、定期的に検診を受けることをお勧めします。

blank

歯肉炎

歯肉炎とは

歯肉炎とは、その名の通り歯茎等の歯肉が炎症を起こしている状態です。
歯周病の初期段階では、歯茎が炎症を起こします。


歯肉炎の原因と治療

歯周病のところでも述べましたが、口内には細菌が数多くいます。
いることで健康を維持してくれている細菌もいますが、多くは様々な疾病を引き起こします。
歯肉炎も、細菌が歯茎のすき間等に入り炎症を起こすものです。
炎症を起こさせないためにはやはり同じく、口内の細菌が定着しないよう定期的に掃除を行う必要があります。